ブログ

ホーム>ブログ

議員活動2期目の振り返り③


 引き続いて振り返り。


7.現に貧困な世帯や、貧困に陥る可能性ある世帯への公的支援の拡充

公共として何ができるか?貧困を解消するのは、親の職業能力開発やキャリアカウンセリング、子育てに関する経済支援施策、地域経済の底上げ(付加価値の創出)、コミュニティによる助け合いなど多様な取り組みを複合的、包括的、計画的に行う必要があります。また今後貧困に陥る可能性が高い人(シングルマザー世帯や失職期間が長い世帯、事業に失敗した世帯など)を早期把握し、対策を講じる必要性もあります。
現在、大津市ではいじめ対策が充実しつつありますが、こうした取り組みを応用し、社会福祉協議会や民生児童委員協議会と連携しながら、貧困に陥りやすい世帯の早期把握や対策を拡充すべきです。

(自己評価)
 貧困世帯や貧困に陥る可能性ある世帯への公的支援の充実は、私自身とくに思いが強い政策分野です。会社をいまから17年前に創業した際もその理由は、この問題でした。
 生活保護受給者への支援施策は専門性が高いのであまり手が出せてきませんでしたが、一般質問で生活困窮者対策の一環として就労支援の充実を求めてきました。また早期把握についても議会で取り上げてきました。
 この問題に取り組みに当たっては、特に社会福祉協議会の協力が重要になってきます。行政はコストカットの一環で様々な事務事業を見直ししていますが、社会福祉協議会などの生活のセーフティネットとなっている団体活動については、予算の振り分けが求められると思いますし、そこに関わる方々(学区社協役員など)がやりがいを持てるような施策や、必要最低限の経費負担などは行政が担っていくべきだと強く思うところです。


8.障害者や足腰が弱い方、妊婦が快適に生活できるバリアフリー環境の整備

駅前道路や広場の歩きやすい道路整備や、公共施設のドアやトイレ、エレベータなどの環境整備だけではなく、バリアフリーを必要とする人への配慮(ユニバーサルマナー)の周知は、障害者や足腰が弱い人、妊婦などが安心して生活し、QOL(生活の質)を高めるために大切です。
具体的な取り組みとしては、中心市街地だけではなく全市的な公共施設や駅前広場、道路などのバリアフリー環境の整備や、交通不便地への公共交通網の整備、障害者や妊婦、子育てママなどに対する社会的配慮の促進について、市民の皆様の意見を聞きながら、進めていきたいと思います。

(自己評価)
 自身が2016年3月に右膝半月板損傷により約1年、足を引きずりながら活動したこともあって、足の不自由な方々や、なんらかの障害を抱えている方々、弱者の気持ちを十分に理解することができました。特に何も感じないような街中の段差も足が悪い方にとっては壁のような存在です。足を怪我した代償として得たモノは、かけがえのない貴重な体験だったと感じています。
 全市的な公共施設や駅前広場、道路などのバリアフリー対策は、この間、ずっと議会で取り上げてきましたし、担当課へ直接要望にも取り組んできました。公共交通網対策についても特に葛川地域を中心にその必要性を行政に伝える役割を果たしてこれたと考えています。
 行政には今後より一層のバリアフリー対策や公共交通網維持、障害者の交通対策を進めてもらいたいと考えています。


9.市民が主役のまちづくり活動の推進

本来、行政府は市民の財産であり、市民のための機関であるはずです。行政が市民の意思から外れて物事を進めようとするのは、許されるものでありません。行政府主導ではなく、市民主役のまちづくりが行われなければなりません。行政府主導の総合計画や都市計画ではなく、市民が主体的に策定に関わるのでなくてはなりません。行政府が市民軽視で物事を決めている現状を打破し、市民の手に政治行政を取り戻す必要があります。
具体的に取り組むべきことは、各種行政計画の策定過程の市民へのオープン化の推進、公共施設のあり方検討や公共交通網の検討において、地域住民との協議の場づくりのルール化などが必要ですし、ひいては住民自治において重要な立場にある学区自治連合会を中心としながらも、それ以外の地域住民(各種団体や自治会未加入者)や若者世代の声も反映しそれぞれがアクターとなってまちづくりに取り組める仕組みづくり(OSTの導入など)に取り組みます。

(自己評価)
 市民センター機能等あり方検討がこの3年間、問題となってきました。結論はまだ出ていませんが、議会が全会一致で決議を提出するなど、行政の対応はこの間、非常にダメなものだったと思います。
 各種行政計画の策定、特に総合計画の策定過程においては市の独善性が強かったと思いますし、十分に市民の声を反映できていたのか疑問に感じています。市長のやりたいように策定するのではなく、どうすれば市民生活がより良くなるのかをしっかり考えて、策定していかねばならないと強く感じています。
 また学区自治連合会の役割も、今後、まちづくり協議会へ移行していくと検討されています。自治会員以外の人も大津市に住んでいる訳なので、それは時代の流れだと思いますし、学区居住の全員の意思決定・実行組織を形成しようとする動きは良いものではないかと考えているところです。しかしながら問題はその進め方です。
 住民のことは住民自身がしっかり考えるべきだと思うのですが、今の状況は行政の押しつけ感がすごくあります。押し付けられて、「住民のことは住民で」と言ったところで、結局それは押しつけに過ぎません。
 今後残る課題としては、市民センター機能等あり方検討そのものも挙げられますが、本質的には越市長の考え方にあります。市民と一緒にまちづくりをしていきたいという想いはあまり感じられず、自分の我を通そうというのが顕著に見えてきます。住民主体のまちづくりからは程遠い状況です。この状況を改善するためには、逆に住民側から市長にしっかりと意思を伝えていく必要性があると考えます。住民代表の議会としては何度か意思を明確にしていきましたが、市民としても何らかのアクションが必要な時期に来ているような気がします。


フジイテツヤ



 




議員活動2期目の振り返り②


 前記事に引き続き、議員活動2期目の振り返りを進めていきます。


4.働く人に魅力的で付加価値が高い仕事・雇用の創出

大津地域の「ブランディング」に産学公連携で取り組むと共に、制度面においては公共セクターによる将来有望な民間企業への「ビジネス(又はサービス)認定制度」の拡充によるクリエイティブ産業の振興、「地域ブランド認定制度」の新設による農林水産業の活性や、中小企業や地場産業における新規設備・人的投資を政策促進する優遇制度の創設(「企業マイレージ制度」など)をめざします。
また中小企業振興計画に記載された、観光産業の育成のため「DMO」を早期設置し、商工業育成のため「地域ビジネス支援センター」の早期設置と効果的な運営を通じて、地域内の雇用創出につなげていきます。

(自己評価)
 働く人に魅力的な仕事を生み出すためには、魅力的な事業が多くの企業で取り組まれる必要性があると考えてきました。これは私自身が会社経営者として産業振興やベンチャー企業育成に関わってきた経験に基づくものです。
 「大津草津クリエイティブ事業大賞」は創設できたものの規模は非常に小さく私としては中途半端で大変残念に感じています。これよりも「女性ビジネスプランコンテスト」が始められています。女性にとってはいいのかもしれませんが、男性にとっては何か大変な疎外感を覚えています。どうせなら、性別に関わらず参画できるビジネスプランコンテストが良いのですが、そういうのは現在の市長では難しいのでしょうか?
 このほか、三重県の施策である「企業マイレージ制度」については一般質問で何度か紹介し導入検討を提案してきましたが、あまり前向きではありません。個人的にはかなりいい施策だと思うのですが、これも少し残念です。DMOも現在、大津市では設立されていません。
 この間、市では産業振興計画や観光交流基本計画を策定するなど、一定の体系性を持った取り組みを始めてきましたし、提案していた「地域ビジネス支援センター」も「地域ビジネス支援室」として設置され、それなりに稼働していると思いますが、ベンチャー企業を立ち上げ、自身で様々な事業を行ってきた立場からすると、まだまだだと評価しています。
 行政には、産業全体を活性化させる取り組みをもっともっと進めてもらいたいと強く感じています。


5.市民が地域に誇りと愛着を持ち、まちづくりに積極的に関わる風土を醸成

大津市行政は近年の定住意向の低下に危機感を持ち、こうした「シビック・プライド」の重要性をさらに認識し、三者協働の場や、市民活動センター、生涯学習施設などの有効活用を図っていくべきです。現状は全庁的に統合された施策展開はされておらず、まずは市行政が市民とともに「シビック・プライド」醸成の進め方を方向づけていく必要があります。
 具体的には、大津市や各地域の文化や風習を市民自身が再認識できるワークショップを開催したり、大津京遷都年紀をはじめとする大津の歴史を感じることができる各種事業を支援する制度拡充をめざすとともに、行政府が進めつつある「歴史まちづくり法」に基づく歴史的風致の維持と向上や、教育委員会が取り組む基礎調査などについて、情報把握に努め、適切な施策展開につながるように政策提言を行いたいと思います。

(自己評価)
 シビックプライド醸成は、定住意向の維持向上、ひいては人口減少対策には大変重要な施策ともなりますし、「協働」が今後より一層大切になってくる中では、「地域のため、大津のためにがんばりたい」と考える人が大津市民で増えてくることは、市全体の活性化にもつながると言えます。
 シビックプライド醸成の重要性を議会で取り上げて以降、「大津人講座」と言う事業が開始されなど一定の成果があったものと考えています。歴史まちづくり法に基づく取り組みも今のところ順調に調査検討が進められていると認識しているところです。
 シビックプライドは、世界的にも、また日本国内でもまちづくりの重要な概念になってきており、今後も引き続き、大津市は各種取組を進めていく必要があると考えます。


6.学校と保護者、地域住民が一体となった地域の子ども教育力の向上

2016年5月現在、大津市内の「コミュニティ・スクール」の実施校は2校だけですので、今後大津市の学校全てが同制度へ移行するように働きかけを行っていきたいと思います。また「コミュニティ・スクール」の運営に欠かせないのが、「学校/地域コーディネート本部」の形成です。住民側の意識も主体的に変革が必要であり、行政を通じて、また議員活動として取り組みを進めていきます。
 この「コミュニティ・スクール」の導入にあたっては、「学校選択制」の存続が重要な議論となります。私は「学校選択制」の役割は終えつつあると考えており、制度の弊害が顕在化していると考えています。地域内での子どもの教育力の向上、子どもの「シビック・プライド」醸成、子どものキャリア観・職業観の涵養とともに、早期に解決すべき重要な課題と捉えています。


(自己評価)
 2011年の大津いじめ事件を契機に、私自身は開かれた学校の必要性を感じ、「コミュニティ・スクール制度」の導入を大津市に提言してきました。元教育長の富田眞氏が強力なリーダーシップを発揮し同制度導入を決定しましたが、この3年間で少しずつですが、コミュニティスクール指定校が増えてきました。私が住む地域の近隣にある真野北小学校は市内最初の小学校指定校としてスタートして久しいですし、居住学区の真野小学校も今年度からスタートしました。ようやく市内学校にもコミュニティスクールが普及・一般化していたという印象を持っています。
 「学校選択制」に関しては一応、行政内部で議論はされたものの、そのまま制度が存続することになりました。コミュニティスクールと学校選択制は、両立が難しいと思うのですが、今後、コミュニティスクールが全校へ広がり、子どもの人数がさらに減ってきたタイミングで課題認識されると思います。
 また前教育長の桶谷守さんの協力により、大津青年会議所と協働で子どものシビックプライド醸成にも取り組むことができたと思います。大津市に愛着を持つ子供が今後も育つように、学校現場の教職員の方々、そして学校運営に協力する地域の皆様方に期待をしていきたいと思います。


フジイテツヤ




議員活動2期目の振り返り①



 2016年5月に自分に設定したアジェンダ重要政策の振り返りをしていきます。
 今更ながらですが重要評価指標(KPI)は設定していなかったので、掲げた課題に対する自分自身や行政の取り組み、今後積み残されている問題点を挙げていきたいと思います。


(1)若者が結婚したくなる、子ども欲しくなる環境整備と機運の醸成

地域社会として結婚・子育て機運を高めていく施策展開や、「子どもの貧困」だけではなく「子育て世帯の貧困」対策に取り組む必要があると考えます。
具体的には、保育所の適正整備や、保育士の処遇改善など既存施策を拡充していくとともに、保育所探し支援や再就職支援を取り入れた全国に誇れる「大津版ネウボラ(切れ目ない子育て包括支援事業)」の早期実現、保育料や乳幼児医療費の助成拡大、子育て支援給付金(貸与金)制度、保育・教育バウチャー制度の新設などをめざします。
また二十歳代でも結婚して幸せに過ごしている若者世帯をピックアップし、大津らしい若者ライフスタイルを市内外に発信して、結婚機運を醸成していき、市外からも大津らしい若者ライフスタイルに憧れ転住してくる人を増やす政策の推進をめざしていきます。

(自己評価)
 この3年、大津市で大きな問題となったのは、保育需要にあわせて保育所を作りすぎ、保育士が全然足りなくなっているという事柄でした。アジェンダに掲げたのは「保育所の適正整備」でしたが、私の感覚では保育士の処遇改善も進められてきたものの、保育所整備を先行しすぎている感が否めません。
 何度も保育所整備と合わせて、保育士確保施策の重要性を述べてきました。確か、一番最初に保育士処遇の改善を大津市議会で取り上げたのも私でした。それは保育園運営法人の理事を務めさせて頂いていたことからくる現場の問題を把握できていたからだと思います。
 このほか具体的施策として挙げた保育料や乳幼児医療費の助成拡大、子育て支援給付金(貸与金)制度、保育・教育バウチャー制度の新設は、提案してきたものの実現には至っていません。
 若者世帯ピックアップして結婚機運を醸成していく取り組みについては、ワークライフバランスの一環で何度か一般質問でも取り上げ、その実現を行政側も確約してくれています。
 結婚・出産の一番の障害は、やはり「経済・生活基盤」だと言えます。子育て世帯/子育て世代の貧困をいかに解消していくのかがポイントであり、単に保育所を整備しさえすれば、若者が結婚、子育てをしたくなる訳ではありません。
 上記以外の課題を挙げるとすれば、公立保育園、公立幼稚園の活用、児童クラブの整備です。公立保育園、幼稚園の耐震化や施設活用は、民間園整備にばかり目立つ一方で、ほとんど進められていません。3歳児保育が公立幼稚園で始まったことは良いことだと言えますが、これは公立幼稚園の統合とセットでの案件であり、私は疑問を持っています。一定規模の園児がいない幼稚園は「公立」として相応しくないという基準を設けているからですが、私は少人数でしっかり保育・養育してほしいニーズは少なからずあると考えており、そうした保育需要から撤退しようとする現在の姿勢に違和感を覚えています。


(2)老後も健康で元気に、安心して生活することができる環境の整備 

健康寿命の延伸に資する健康増進活動の支援や、地域におけるシニア・コミュニティの充実、子育て世代とシニア世代との交流を促進する仕組み作りに取り組みます。またグラウンドゴルフや、高齢者でも取り組みやすいニュースポーツの普及促進にも取り組みます。

(自己評価)
 健康寿命の増進は、ひとりひとりの高齢者の生活の質向上につながりますし、行政からしても社会保障関連経費の低減につなげられるなど、双方にとって大変メリットが大きい施策です。一般質問等で具体的な政策提言をこの分野で行ったことはありませんでしたが、実体験として知識経験が不足していた高齢者福祉分野についてこの3年間でかなり知見を深めることができたと考えています。
 市民センター機能等あり方検討においては、地域コミュニティ醸成とも密接に関わる事案であったことから、間接的にシニアコミュニティの充実に資する活動ができたのではないかと考えています。
 データヘルスの取り組みが行政でも始められたばかりです。行政としてはデータエビデンスに基づいた効率的効果的な施策展開が今後より一層求められるはずで、関わる職員の人材育成が急務だと考えます。
 

(3)働き方改革を通じた、一人一人の生産性向上によるQOL向上 

特に多数の非正規社員を抱えるサービス業における働き方改革や、労働生産性を高める取り組みを公民連携で進めると共に、行政府が後述の大津地域のブランディングや「地域ブランド認定制度」などによる生産性向上に関する支援策に取り組むように政策提言していきます。

(自己評価)
 サービス業の働き方改革や労働生産性を高める取り組みは、大津市でも一応始められていますが、実際はかなり限定的です。大津市総合戦略でもいくつかKPIが設定されているものの、企業任せの部分が多く、行政としては十分に施策展開できているとは言えません。
 わたし自身としても三重県などへの行政視察や文献調査を通じて得た知見を一般質問などで紹介するとともに、大津市役所や市域内企業においても取り組みを推進するように政策提言を幾度か行ってきました。正直、取り組みはまだまだです。大津市にはもっと頑張ってもらいたいと思います。
 また「地域ブランド認定制度」については、シティプロモーションやシビックプライド醸成の観点から、まずは「大津市のブランディング」が重要だと述べ、こちらも何度も議会で取り上げてきました。提言が大きく取り入れられたという印象は受けていませんが、大津市としてはもっとブランディングに力を入れていくべきだと考えています。枝葉の観光振興などのブランディングの前にまずは市全体のブランド構築が求められるところです。


フジイテツヤ




議員活動2期目の自己評価をしていきたい


 2016年5月に今後3年間の政治活動の基軸とするべき、「政策アジェンダ2016-2018」を作成しました。本ブログのトップページからご覧頂けるようにしています。






 わざわざ大袈裟に「政策アジェンダ」を掲げた理由は以下の通りでした。





 重点的に取り組む事柄を明文化することで、私が目指す方向性に少しでも近づけるよう活動を意義あるものにしたいということでした。
 そして「重点政策」として、次の19項目を掲げ、それぞれどのような事柄に取り組むのかを明記しました。

(1)若者が結婚したくなる、子ども欲しくなる環境整備と機運の醸成
(2)老後も健康で元気に、安心して生活することができる環境の整備
(3)働き方改革を通じた、一人一人の生産性向上によるQOL向上
(4)働く人に魅力的で付加価値が高い仕事・雇用の創出
(5)市民が地域に誇りと愛着を持ち、まちづくりに積極的に関わる風土を醸成
(6)学校と保護者、地域住民が一体となった地域の子ども教育力の向上
(7)現に貧困な世帯や、貧困に陥る可能性ある世帯への公的支援の拡充
(8)障害者や足腰が弱い方、妊婦が快適に生活できるバリアフリー環境の整備
(9)市民が主役のまちづくり活動の推進
(10)行政府(市役所)の公務員人事制度改革を通じた公共サービスの充実
(11)先端科学技術の積極導入による行政効率改善とサービスの高付加化
(12)行政評価制度と予算編成過程の改善による納税者満足度の向上
(13)市民財産である行政府が抱える情報の積極的な公開
(14)市議会の審議や行政評価・監視、政策企画立案などに係る品質の向上
(15)具体的な災害を想定した防災力の向上と災害時対応力の向上
(16)湖西地方及び北部地域の生活環境の拡充と相対的地位の向上
(17)文化芸術、スポーツの振興による市民の余暇機会の充実
(18)公営による低廉で安定したガスや水道供給の推進
(19)市民病院の改革による利用者や市民満足度の向上



 ブログをご覧の皆様にとっては少し退屈な記事になるかもしれませんが、自分自身の活動の振り返りと、残された市政課題を検証するために、以後数回は上記「重点政策」に掲げた事柄について記述していきたいと考えています。

 なんでもPDCAが重要です。次のステージに行くとしても、これまでの議員活動をしっかり振り返っておかねばならないと感じています。



フジイテツヤ




石清水八幡宮で大厄払い。始動していきます。


 
 この3連休は「地元学区新年あいさつ会」や、住んでる自治会の「餅つき大会」、「大津市成人式」など多くの行事がありました。前後援会長の中学同級生とも久しぶりに会食し、今後の方向性についても報告、了承を得ることもできました。充実した3日間だったように思います。
 
 今年は数え42歳で大厄の年でもあるので、京都府八幡市の石清水八幡宮へ行ってきました。
 石清水八幡宮は、日本三大厄神のひとつです。これで今年はきっと“躍年”、間違いないと思います。
 また武運長久・必勝の神社としても有名で、清和源氏や織田信長、豊臣秀吉、松下幸之助などの信奉厚かったことはよく知られています。私も折に触れてチャレンジしようとする時は石清水八幡宮へ参拝するようになってきています。今年一年、自分自身にも幸を多きことを願いました。




 むかしは年が明けて最初の満月の日を「元日」としていたそうです。
 今年の新年最初の満月の日は1月15日(小正月)。
 いよいよ新年正月ムードから、バリバリ通常モードに戻します。

 
 さっそく様々な事柄にチャレンジをしています。
 いずれ良い結果を出してご報告できるようにと思いますので、まずは成果を残せるように一歩一歩地道に頑張りたいと思います。

 ちなみに日々の活動状況は「フェイスブック」の“友達限定配信記事”でご報告しています。(1日1記事以上アップ) もしフェイスブックをご利用の方はお手数ですが友達申請をして頂けましたら幸いです。宜しくお願い申し上げます。
 ※“FB友達”になっていない方は、一部記事のみご覧頂けるようになっています。



フジイテツヤ




▲ページのトップへ