ブログ

ホーム>ブログ

越市政の残滓

あの重苦しい役所内の雰囲気を思い出します。
あの当時のことを思い出すだけで、なにか心臓が痛くなります。

越市長(当時)らの行為を「違法」とする判決が先日出されました。


NHKのネット記事


思えば2011年5月から2019年4月までのその8年間の議員活動の期間のうち、約7年間を越市政と向き合ってきました。いまから振り返っても、当時の越市政は本当に悲惨だったと思います。

私にとっては、越直美氏が市長として初めて臨んだ本会議一般質問で問うた事柄に対して、「覚えていない」旨の答弁があったときから、怪しいな・・と勘づきはじめました。2012年の2月のことですね。
その後、側近のはずの副市長が辞め、教育長も辞め・・・と、いろいろな事柄がおき、この市長ではもう市政運営は駄目だと、市議会では市長辞職を迫ったこともありました。2014年のことでした。

私もそんなに大した人間ではありませんので、他人のことをあれこれ言うのも憚られるものの、いま客観的に考えても、2013年くらいのタイミングで市長を辞職してもらえれば、その後の役所内部でのゴタゴタや市民との軋轢も起きなかっただろうし、大津市にとって良いまちづくりが進んだのではないかと内省しています。越市政の8年間は、いじめ問題への取り組みは除いて、本当に停滞した期間だったと評価していますし、大津市の将来から見て、時間を無駄にした期間だったと思います。いま、大津市は8年間の越市政のリカバリーに必死です。


いまさらではありますが、大津市の教育長だった富田眞氏が「日経ビジネス」に。事の真相を明らかにしようと手記を寄稿されたことがありました。



日経BPの記事へのリンク


富田さんは、本当に素晴らしい教育者であり経営者だったと思います。その能力を十分に発揮する前に辞めてしまわれました。学校を地域に開放する「コミュニティスクール」の導入や、教育委員会に経営品質の向上を図ろうとする取り組みは、頑強に変わろうとしなかった教育委員会が自力で変わろうとする出来事でした。

日経BPの記者さんを富田さんにつないだのは私でした。
雑誌が発行されてから私も記事を拝読し、思い切ったことを書かれたなと思いましたが、後日ご本人に聞いたところ、言い足りないなと仰ってました。その後も富田さんとはやりとりをさせて頂き何度かご自宅にも伺わせて頂きました。2016年に亡くなられる直前まで、メールでもやりとりをしていたので、突然アメリカで亡くなられたときには、非常にショックでした。
とある雑誌社のヒアリングもセッティングされていて、日本に戻られてから取材も受けられるはずでした。富田さんしかご存知でないこともたくさんあったと思います。そうしたことが公にならなかったことはご本人にとっても残念だったに違いありません。あらためて心よりご冥福をお祈りします。

富田さんだけではありません。
2012年から2014年まで大津市の副市長を務められた茂呂さんも、ご本人のブログに、さまざまなことを書いておられます。

茂呂氏(元大津市副市長)のブログ



今回、判決が出た事案は、私も何度かブログに書いてきた事柄です。
私の過去のブログ記事


この事案については、一事が万事だと考えており当時の市役所内の雰囲気を如実に表す事案だと考えています。
当時は本当に市役所内の雰囲気は最悪で、相当に重苦しいものでした。職員さんは本当にかわいそうでしたね。議会事務局の職員というポジションは、一般的には敬遠されることが多いポジションのはずなのですが、当時の大津市では議会事務局がオアシスだと言われていました。議会事務局の職員は一時的であれ、議長の指揮下で働くことになるので、市長部局の指示命令の範囲外だったからです。当時、市や市教委の幹部が次々と体調をこわし辞められたのを昨日のことのように思い出します。



判決文も読ませて頂きました。
国家賠償請求の裁判では、行政側が負けるということは極めて稀だといわれます。判決で越直美氏(当時大津市長)や側近が行っていた行為が違法と認定されており、当時、私が頑張って市政を良くしようと動いていたことが評価されているように思われ、我がことのように嬉しく感じます。

判決から抜粋させて頂きます。

ー-

本件では。被告市長ないしは被告の担当職員が、審査会に対し、人事課ファイルが存在していながら本件文書2が存在しない旨回答したこと(第6行為)や、被告市長や茂呂が、示談の意思がないと述べる原告に対して多数回にわたる示談の促しをしたこと(第14行為)について、国家賠償法上違法というべき対応があったと認めることができる。


同説明書(被告市長が、審査会に提出した平成26年11月20日付け非公開理由説明書)を作成した被告市長ないし被告職員は、注意義務を怠り、原告の名誉や名誉感情を棄損する違法行為をしたものと認めることが相当である。
ー-


誰がどうみたって客観的に違法行為であることが明らかであるのにもかかわらず、自らの正義をごり押しして正当化している事案を、ここ最近、毎日のようにニュースで目にします。ウクライナをめぐるニュースです。しかし、後世の人がそうした許されざる悪事をあぶり出すでしょう。天網恢恢疎にして漏らさず。

上記判決文に書かれている事柄は、「大津市の情報公開拒否は違法」、「越氏が副市長を通じて男性職員に何度も示談を強要したことは違法」、「無罪確定後の男性職員を犯罪者扱いしたことは違法」ということで、当時の市長であった越直美氏と側近職員の行為を明確に「違法」と認定しているものです。コンプライアンスを徹底させるべき市のトップがまさに違法行為に手を染めていたと。

冒頭にも書きましたが当時のことを思い出すだけで、気分が悪くなります。
大津市にとって、今回の判決が過去の越市政と決別し、よいまちづくりの土台となっていくことを心から願ってやみません。


先日、本事案とは関係なくたまたま市役所に立ち寄り、同期の桐田議長を表敬訪問させて頂きました。
新しく佐藤市政に切り替わり、役所内の雰囲気も一新され、コンプライアンス意識も高まり、風通しがよくなっているように思われます。もちろんまちづくりの課題は尽きませんが、議会や市民と協働しながら、一つ一つの課題に行政は取り組んでくれていると思います。私が信頼する人物が行政や議会の中心に、いま居ます。安心して、いまの市政運営を見ることができています。





ー--

おかげさまで最近も元気にしています。
昨年11月に東京で仲間と共に新しく会社を立ち上げました。現在、事業統括に携わるとともに、この4月から始まる経済産業省の地域経済の活性化プロジェクトでも事務局業務を担うことになっています。ますます忙しくなりそうです。
忙しくなりそうなのですが、4月からは大学院に改めて通うことも決めました。人生100年時代。仮に80歳まで働くとしてあと40年近くあります。自分の知識を常に高め、社会に必要とされる人材であり続けたいと思い、これからも学び続けようと思います。

お世話になった大津市に対して、私自身が還元していけることがないか、常々考えていければと思います。


藤井哲也拝


近況報告 2021年10月





おかげさまで元気にしております。ありがとうございます。
現在、Facebookやツイッター、会社経営者としてのブログなど、多岐にわたるメディアを管理しており、こちらのブログについては、政治家時代にお世話になってきた方に対して、その後の近況報告という形で、残しておりますが、さすがに日々忙しく、書く時間もなくなってきたので、そろそろこちらのブログについては、移行作業を進めていきたいと考えています。

今後については、
日々の活動状況については、私のFacebookをご覧いただき、雑感などについては、新しく立ち上げたnoteにまとめていきたいと考えていますので、そちらをご覧いただけましたら幸いです。

過去の活動や、残しておかねばならない記事もあると考えており、このブログ自体を閉鎖することはすぐには考えていません。また気が向きましたら、こちらのブログにも書き込みたいと思いますので、当面新規の記事については休止したいと思います。

議員時代、多くの皆様に大変お世話になりました。
地盤だった真野在住の方や友人知人には、頂いたご恩をお返しできていないと思っているのですが、社会のために精一杯動き回りたいという想いから、一旦地縁から外れて動き回っていることにご理解を頂けましたら大変ありがたく思います。思いは常に、大津市にあり、住んでいた地域や皆様と共にあります。引き続き、頑張ります。


藤井哲也

〈近況〉Facebook
〈雑感〉note

近況 2021年8月


おかげさまで仕事がんばっております。
いろいろやっていて、自分で何が中心か分からなくなってきていますが、基本的には公共政策をバージョンアップする取り組みです。
既存の公共政策をアップデートするためには、民間の知見やテクノロジーがあったほうが、スピード感をもって取り組むことができます。

「官民共創」という言葉があります。
行政と民間企業が、社会課題や地域課題、行政課題に向き合うために、協働で新たな価値を生み出す活動のことです。
この「官民共創」を進めるためには、行政と民間企業の橋渡しをする必要がありますが、まずはそこから躓くことも多くあります。
行政独特の案件の進め方。民間からするととても理解できません。私も最初議員になりたての頃は、なぜこんなに行政の仕事は遅いのか、意思決定がなされないのか不思議でなりませんでしたが、8年間も議員をして学ぶと、それなりに理解できることもありました。とはいえ、やはり計画一つ作るのに1年間とかは、やはり時間をかけすぎですね。そして民間企業は自分たちのルールで仕事を進めようとするのですが、これも行政からしたら受け入れられない。担当者や部局が動かないので、独自に首長とかに働きかけることなどになれば、なお一層、現場は硬直してしまう。そのあたり、行政と付き合いがない民間企業からすると理解不能だと思うのですが、よくあるケースです。そうした問題を解決するために、まずは橋渡しが重要になってきます。

その上で、プロジェクトを一緒に進めることになりますが、民間企業は社会貢献や課題解決のためとはいえ、売上や利益を回さないと、人件費も確保できないわけで、早めに「この事業は採算が成り立つのか」を判断したいところです。しかしそのための実証実験でさえ、行政とやろうと思うと段取りが大切で、1プロジェクトをまわすのに1年かかかったりします。その間、人件費をはじめどれくらいのコストが民間企業にかかるのでしょうか。

つまり、官民共創には、橋渡し役としてのコミュニケーション機能と同時に、公共政策に精通しつつ民間の新規事業開発の機能も求められるわけで、それなくして、官民共創を実現することは難しいと言えます。私も議員の時にいろいろな事例を見てきましたが、大津市の場合、それら多くの取り組みがうまくいきませんでした。実証実験をやろうと進めても、性急すぎたり、焼き畑的であったり。競輪場跡地は残念な状況ですし、公設市場の民営化もとん挫しました。いま振り返ると、なぜうまくいかなかったのかが明確に分かるようになってきています。

さて。8月も後半。総選挙も近づいてきました。政治の季節です。
私の活動ももう一歩、グレードアップしていこうと思います。




近況 2021年7月

おかげさまで忙しくしております。
官民共創の仕事が順調に回り始めており、取り組みのいくつかはメディアにも取り上げて頂いております。
最近発刊されました「日経MOOK DXスタートアップ革命」には、滋賀県日野町さんとの取り組み事例が掲載されています。
もしよければ、現在書店に置かれていますので、ご覧いただけましたら幸いです。

官民共創未来コンソーシアムの取り組みでは、「滋賀県」のほかに「高島市」「甲賀市」も新たにご加盟を頂きました。
現在、各地の地域課題を解決するために、ディスカッションを開始させて頂いております。
行政課題を議員とはまた違った形で、取り組めることは大変貴重な経験です。

行政課題を解決しようと、マーケットイン発想が求められています。つまり、企業が持つプロダクト(製品)を売りつけるだけの関係性ではなく、自治体や市民が求めることを把握した上で、行政と民間が協力して課題を発見し、快活策を考えていく取り組みです。
さらに言えば、「アウトサイド・イン発想」。市民や自治体が抱えるニーズの背後にある、社会課題を解決するために、どのような取り組みが重要なのかを考えることです。

引き続き、取り組んでいきます。
健康第一で。

近況報告 2021年5月


地方議員を辞めて2年が経ちました。
最初の一年は東京に居住し、IT企業の政策渉外活動。二年目は京都で地方自治体の政策づくりのお手伝いと、滋賀県の就職氷河期世代支援の実務。そして現在三年目は東京と京都を行き来しながら、官と民をつないで新たな価値を共創していくお手伝いをしています。

東京滞在中はホテル住まいで、4連泊、5連泊で仕事をするため、結構体力的にきつい感じになりますが、週末に家族がいる家に帰ってくると本当に気持ちが落ちつきます。家族の大切さを身にしみて感じているところです。

近況といえば、一般社団法人官民共創未来コンソーシアムの事務局長として、活動に共感し加盟して頂ける自治体を増やすべくアプローチさせて頂いたり、設立から1周年を迎えましたので、メンバー同士のコミュニケーションを活発にしていくべく企画を立てたりと動いています。
また、パートナーとして参画しているPublic dots & Companyのお仕事としては、新たに官民共創を生み出すためのプラットフォーム事業の事業開発に関わっており、現在は立ち上げ期のため、営業活動、マーケティング、事業開発と多岐にわたるタスクに向き合っています。おかげさまで、順調に事業自体は進んでおり、大変貴重な経験を詰めていると思います。近々、いくつかの発表もできるかと思いますので、地道に活動はしていきたいと思います。
また自分の会社である株式会社パブリックXについても、新規事業開発を進めており、ようやくリリースの目途がたってきました。こちらについては、おそらく来月中にはbeta版のサービスをリリースすることができます。地方活性化につながる事業に育てていきたいと考えています。

とりわけて、ご報告することはないのですが、引き続き、社会課題の解決、地方課題の解決に取り組みたいと思います。
その先に、ライフワークの雇用創造があると思っておりますので、着実に動いていく時期かなと考えています。

梅雨の時期ですね。早くすっきりした毎日になってほしいですが、暑いのもまた嫌なものです。
コロナも早く開けてほしい。マスクは本当に苦しいですしね。







藤井 哲也



▲ページのトップへ