ブログ

ホーム>ブログ

議員任期満了から1年!

 あっという間の1年。10年分の経験を得た1年。

 2019年4月30日をもって、8年間務めさせて頂いた大津市議会議員の職を離れ、1年が経ちます。あらためて任期中にお世話になった皆様に感謝申し上げます。ありがとうございます。
 改めて感じるのは、応援して頂いた皆様のパワーのおかげで、議会でも地域でも思い通りの活動ができたという点です。応援して下さる方の声というのは、本当にありがたかったと思っています。

 地方議会の場に戻るという選択肢はありませんが、将来的に気分一新、議員として心新たに挑戦したいと思うようことがありましたら、また皆様のために頑張ろうと思います。あくまで地方議員は目的ではなく手段。良い社会にしたい思いの最短ルートが議員であるなら、その選択肢を排除することはこれからも、今後もありません。


 さて、この一年間の私の動きを振り返ると「激変」という言葉がぴったりでした。
 東京に出てメガベンチャー企業の社長側近として、国会議員や官公庁にロビイングの活動を通して、かけがえのない経験を積むことができました。また就職氷河期世代の活躍支援という私のライフワークに関しても、関係者の皆様と深くコミュニケーションをとり、自治体ごとに就職氷河期世代活躍支援のために自由に活用することができる交付金制度の創設にもつなげることができたりと、地方議員ではとてもできないネットワークと経験、そして社会的政策への貢献ができたと満足しています。

 そしてこの4月からは改めて関西に軸足を移し、2003年に立ち上げた就職氷河期世代の就労支援会社をリニューアルさせて、新しい船出を始めました。しがジョブパークでも週1-2日だけ働いています。1年で10年分の経験を得たような実感を得ています。

 現在、新型コロナウィルスの影響で全国的に自粛ムードが続いています。肌感覚では私自身も会社経営者として体感したリーマンショック後の大不況期を超える雇用や地域経済への影響が、今後出てくると感じています。アフターコロナに、甚大なダメージを受けているかもしれない雇用や、自治体の諸課題に対して、この一年間で培ってきた経験をいかして、解決に向けて、全力疾走で取り組んでいこうと考えています。

 議員であっても、なくとも、これまでのご恩を忘れず、社会のために活動をし続けていくことで、報恩していきたいと思います。

 一燈照隅。万燈照国。深謝。


藤井哲也

カムバックto滋賀!

 もうすぐ議員任期が満了して1年が経とうとしています。
 先日は約1年ぶりに大津市議会にへ顔を出しに行ってきました。4月に同期の桐田真人議員が加入し最大会派となった新和会に近況報告を兼ねて就職氷河期世代政策について情報提供に伺わせて頂き、以前会派を組ませて頂いていた谷ゆうじ議員にも激励に伺いました。行く先々で様々な方とお出会いすることがあり、懐かしい想いとなりました。
 
 さて、私はといえば2月で東京での武者修行を終えて、3月いっぱいは少しゆっくりさせて頂いていました。
 4月からは再び滋賀県に戻ってきて、草津にある「しがジョブパーク」で就職氷河期世代支援と人材確保支援コーナーの担当を非常勤でさせて頂くことになりました。就職氷河期世代支援にもっと集中的に関わりたいという動機が、市議を引退した理由の一つでもありました。そうしたことから、この4月からはバリバリの現場で就職氷河期世代支援に関わることができて、大変良かったと考えています。

 

滋賀県でも就職氷河期世代支援が始まりました。




 就職氷河期世代支援に関しては、時事通信社「地方行政」に、これまで3回記事を執筆させて頂きました。
 これも東京で得た関係知によるものです。東京に行って本当によかったなと感じています。生かすも殺すも自分次第。しっかりとこれまでの経験を生かしていきたいと考えています。

時事通信「地方行政」は全国の自治体や地方議会などに配布されています。就職氷河期世代支援について公共政策に関わる多くの方が関心を高めていただければ!





 さらに、スタートアップ企業の立ち上げや経営、地方自治体での議員、永田町・霞ヶ関での政策渉外の横断的な経験を生かした事業展開を目指して、2003年に設立した「株式会社パシオ」を第二創業として位置づけ、「株式会社パブリックX(クロス)」としてスタートしました。
 企業ウェブサイトは現在、制作中です。

政治行政と民間が掛け合わさることで第三のチカラを発揮できるはず。



 
 具体的な事業としては、公共政策のプランニングをチームにより進めていくというものです。
 国や議会、自治体、政治団体などからのオーダーに基づき、社会や地域活性に資する公共政策のプランニングを、その道のプロフェッショナルによるチームを編成し、公共と民間双方のパワーを最大限に発揮できる政策に仕上げていくお手伝いをしていきます。すでにいくつかの町の総合計画や総合戦略、国の社会保障政策、教育政策に関して案件を頂戴しており、動き始めています。
 このほかいくつかの重要なプロジェクトにも若輩ながらお誘い頂いており、動き始めています。

 引き続き、全力で社会のために活動を進めていきます。ご指導とご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。


京都祇園・八坂神社。疫病退散に縁があるパワースポットです。




藤井哲也

充電中。議員任期満了から10カ月。

 先月で東京での活動を一旦終わり、再び関西に戻ってきました。
 関西でのビジネスの拠点を京都に置くことにしましたので、京都に当面は住むことになります。
 滋賀には時機を見て戻るかもしれません。




 1年間の荒修業期間で、多くの仲間が増えました。特に東京の第一線で活躍されている方たちとの出会いは今後の人生に必ずプラスになると信じています。




 在籍をした会社では、政府関係者との接点を作る仕事ということもあり、素晴らしい機会を作るきっかけを与えてくれたと思っています。議員時代以上の報酬をいただきながら、自分のやりたいことをある程度できたことは良かったです。また、先端的な取組を進める上場企業での職場を経験でき、そうした企業で働いたことがなかった自身にとって大きな財産になったと思います。




 自称「コックピット」の東京の自宅も引き払いました。中目黒駅から徒歩5分の立地にあり8万円少しと破格の賃料でした。ただ少し家が傾いていたような。。東京での生活は、来て翌月にいきなり痛風発作、ヘルニア発症、そして心房細動により1日2回の救急搬送、そして2週間の休養と夏場は大変でしたが、秋以降は充実した日々を過ごすことができました。
 自分の中では昨年は大厄でしたので、このくらいで人生を通じて最も大変な時期を過ごし切ることができたのだとしたら良かったと前向きに捉えています。
 



 京都では早速動き始めています。
 4月以降、具体的な展開を進めていこうとしており、現在は仕込み段階です。
 政治家として政治行政に関わることは当分ないように考えておりますが、政治家として経験したことや、この1年間で得た知見・人脈を通じて、政治行政をアップデートしていくようなことには関わっていこうと思っております。

 ✳︎  ✳︎  ✳︎

 本ブログの位置づけをどうするか。検討中です。
 政治家としての活動報告から始めたため、日々の活動を中心に書き綴ってきました。議員任期満了後はこれまでお世話になってきた方へ、近況報告として継続をしてきたところです。
 また前の市政に課題を明らかにし、それを世の中に知ってもらいたいと思い、ブログ記事も残し公開していきました。しかし市政も転換しその意義も失われつつあるのかなと考えております。
 
 日々の活動状況については、以前ほどの頻度ではありませんが、フェイスブックを継続しております。もし藤井のことに関心興味を持ってくださるようでしたらFacebookの方へ友達申請をして下さいましたら幸いです。(メッセージを添えて頂けると嬉しいです)

 4月のブログ記事は書こうと思います。その後は未定です。
 今後とも何卒、よろしくお願いいたします。


藤井哲也
 



さらに先へ


 大津市長選挙も終わりました。越氏が推した候補者は敗退。佐藤新市長が誕生。新しい大津市政はどのようなものになるのでしょうか?元議員の立場として大変興味があります。大津市民が住みよいまちづくりが進み、事業者にとっては商売繁盛につながるそんな市政運営を公民連携で進めてもらいたいと思います。あわせて、越市政でないがしろにされてきたコンプライアンス問題についても一度検証が必要です。人心一新を図った上で、政治行政を前に進めてもらうことを期待したいです。

 私はこの1月から職場が移転し、渋谷の一等地である駅上ビル「渋谷スクランブルスクエア」で働き始めました。地上30階以上から望む絶景は素晴らしく、フレッシュな気持ちで仕事に取り組むことができます。オフィスからは晴れの日は富士山も臨むことができ、また眼下の渋谷の街並みは壮観です。夕方には美しい夕焼けが、夜は東京の美しい夜景を見ることができます。

 

 

 
 ただ、この素晴らしい環境も今月中旬で終わりにします。
 思えばここ東京に来て、素晴らしい出会いがたくさんありました。得難い経験もたくさんすることができ、関わってきて頂いている皆様とは今後も引き続き交誼を続けていきたいと思っていますが、もう少し本当に自分がやりたいことに注力して、限りある時間を使っていこいうと考えています。

 詳しくは来月のブログ記事に書きます。
 その先に、進んでいきます!


藤井哲也






謹賀新年2020


 新年あけましておめでとうございます。
 旧年中は大変お世話になりまして誠にありがとうございました。
 
 議員活動8年間の締めくくりということで、年始早々から県議選・市議選のお手伝いをするところから始まり、選挙が終わればすぐに地域の一大行事である 鯉のぼり祭り に関わりました。その後、五月連休後には東京に出て仕事を始めました。
 東京に出てからは毎日充実した生活でしたが、すぐに痛風・ヘルニア・心房細動と病気が続き、仕事もお休みせざるをえない状況になるなど、心身ともに疲弊した日々を潜り抜け、ようやく秋ころからはひと段落し、その後は貴重な人脈や経験を積むことができてきたように思います。大厄の一年であったことを振り返ると、確かに波乱万丈な一年でしたが、人間的に大きな成長をすることができた一年であり、また健康や家族というこれまであまり重視してこなかった事柄にも目を向ける一年になったと考えています。

 


 本年の最大の目標は、商売繁盛です。
 大きなことを為すために、必要となる原資を貯めていきたいと思っており、そのためには事業を前進させていく必要があります。昨年その基礎を築くことができたと思っております。そして官民連携の最前線の状況を学ぶことができたと感じています。これからの「公共」のあり方を考えると、民間が公共サービスを担っていく必要があるのは時代の流れですが、どのように推進していくのかは重要な社会課題となっています。荒行として捉えている昨年の経験を生かして、私ができることを着実に進めていこうと思っております。




 
 また就職氷河期世代の支援事業が本格化します。
 私のライフワークと言ってもいい就職氷河期世代支援。2003年に会社創業して以来、この世代の就労支援に関わってきました。2000年代に進められた国の若年者就業支援事業によって一定層の就労支援は実現してきたものの、2020年現在、生活基盤が安定しない方たちにとっては、年齢から考えても、不安定な就労・生活から脱するラストチャンスといってもいいように思います。昨年、東京に出てきてから、就職氷河期世代の支援施策の企画立案、推進に関わる方々との人的つながりを形成できたことは、私にとってはありがたいことでした。滋賀にいればできなかったことの一つだと言っても良いように思います。これから3年間、この世代の支援施策が進められます。私も初志を大切にして、この問題に関わっていこうと思っています。







 先にも書きましたが、健康と家族の大切さも改めて認識しました。41歳ともなってきて、まだまだ自分なりには若いつもりでいますが、いつまでも生きられるわけでないことも感じています。人生に限りがあること、時間を無駄にしないように、日一日をしっかりと生き抜いていかねばと思います。
 また家族との時間も大切にして、家族の幸せ、そして自分の想いが両立できるようにしていくことが、本当に重要であるとも考えています。

 とりあえず、社会のためにがんばろうという想いだけは今年も強く持っています。
 多くの方のために、役立てるように頑張ろうと思います。
 本年も一年、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


藤井哲也


 













▲ページのトップへ