ブログ

ホーム>ブログ

京都大学公共政策大学院に通って①。


 2016年4月から2年間在籍した京都大学公共政策大学院について。
 忘れないうちに書いておきたいと思います。
 
京都大学公共政策大学院

 そもそも大学院に入ろうと思った動機は、議員活動を2011年からさせて頂き、当時で5年経った段階で自分の力不足を感じていたことにあります。
 私の専門性は、就労支援に関わってきた経験による雇用問題や、ベンチャー企業経営経験を生かした創業支援、企業や大学での人材育成やキャリア教育の経験を生かした教育問題などです。が、いずれも中途半端だと自己評価していました。
 私と同じ会派には、一級建築士や税理士・社会保険労務士の資格を有し、そうした専門性を生かした議会活動をしている議員がいて、すぐ近くでその仕事ぶりを見ていました。

 大学院に行ったからといって、画一的に専門性が身につくわけではありません。(学歴はつくかもしれませんが、京大と云うブランドは地方議員にとっては正直なところ良し悪しあると感じています。「あいつは頭でっかちだ」みたいな。) 結局のところ、大学院で何がやりたいのかがポイントだと思います。この動機が曖昧であれば、大学院での学びも中途半端で専門性も身につかないはずでしょうし、そもそも入試(面接)で落とされるような気がします。

 以下は私が職業人選抜入試で大学側に提出した志望動機書です。

(本大学院を志望する動機、および目的)
 大津市が抱える様々な行政課題解決のため、より効果的な政策提言を行うことはもとより、将来的には国や県の行政に関わっていきたいと考えており、あらためて公共政策の第一人者の下で、専門的且つ幅広い観点から体系的に学びたいと考えました。また意欲ある学友と学び合う環境に身を置いてこそ、資質向上にもつながると考えています。
 公共政策の中でも特に人口減少対策は、大津市を含む全国地方自治体において喫緊の課題になっています。多くの地方自治体で社会保障関連経費の増大に伴う財政硬直化が進んでおり、限られた財源の中で選択集中すべき効果的な出生率増加対策、人口定住対策はどのようなものかを早急に検討していくことは共通認識となっていると思います。
 しかしながら多くの場合、採られる少子化政策は非体系的で、場当たり的なものであることが多いように感じています。
 そうしたことから私は、人口減少対策をはじめとする地方自治体が直面する各種課題に対してより体系的で効果的な政策を研究し、実施可能なモデルとなる政策を、現場経験も活かしながら立案・提言していきたいと考えたことが志望動機です。


 少子化対策が全国で取られていますが、「こうすれば少子化対策に有効だ」という全体的な施策は、体系的に調査研究はされてこなかったと認識していました。のちに大学院に入って色々な文献調査をしていると、すでにそうした研究は多くなされていることに気づきましたが。

 ともかくも大学院を志望することにし、大津市役所から一番近い公共政策系の大学院ということで京都大学公共政策大学院の入試を受けることにしました。
 入試に際して懸念だったのが英語力です。しかしよく見てみると、京大公共の職業人選抜入試では英語が試験科目に入っていませんでした。書類選考と論文による1次選考と、面接による2次選考です。大学卒業から15年間まともに英語に触れたことがなかったので、私にもチャンスがありました。普段からブログで自分の思いをまとめることはやっていたので、論文もある程度はかけたように思います。面接では通り一辺倒のことではなく具体的な考え方(現職市長の政策についてどう考えるかなど)を聞かれました。結構、答えるのに四苦八苦した記憶があります。
 1次選考は手応えがありましたが、2次選考の面接は感触が良くなかったのでダメかなと思いましたが合格通知をいただき、晴れて2016年4月から大学院に通うことになりました。


藤井テツ






 
 
 








5月11日まで、真野川に100匹の鯉のぼり!


ふれあい鯉のぼり祭り真野2018

 昨日、無事にイベント運営委員長を務めさせて頂いた、鯉のぼり祭り「真野」のオープニングイベントを実施できました。
 快晴の中、鷲見副市長を迎えて、真野学区内の自治会の皆様、真野中学校の皆様、社会福祉協議会や消防団、体育協会、スポーツ少年団、交通安全協会などの真野学区各種団体の皆様、JAレーク大津様、真野しょうぶ苑様などの地域の事業者様をはじめとした多くの皆様のご参画によって、約1200人の来場者に楽しんで頂くイベントになったように思います。本当にありがとうございました。

大津市真野 鯉のぼり祭り

 イベントで実施したスタンプラリーでは、和邇在住の方が大人一等賞の「おごと温泉 びわ湖花街道 宿泊ペアチケット」を、真野北在住の方がこども一等賞の「USJペアチケット」をゲットされました。大好評の企画だったと思います。喜んでいただけて良かったです。



 また本事業は、5月11日まで真野川堤防に鯉のぼりをあげており、期間中は五月大型連休中に多くの皆様に見に来て頂きます。もしよければ本ブログをご覧の皆様も「真野」の鯉のぼりを写真におさめていただければ幸いです。
 昨日のイベントでは運営サイドとして現場張り付きで対応していたため、イベント終了後にようやく息子と一緒に、比叡比良の山山を借景に鯉のぼりを撮影してきました。本当にきれいな光景です。(「真野」という地名には、「うつくしい野」という意味もあります。)


鯉のぼり祭り真野 滋賀県大津市



 何事も事故なくオープニングイベントができてホッとしています。
 足をけっこう使いました。かなり痛いので、まずはゆっくり治します。


藤井テツ





第21回 ふれあい鯉のぼり祭り「真野」のご案内



 今週土曜日(4月21日)に、第21回目の開催となります ふれあい鯉のぼり祭り「真野」のオープニングイベントを、真野市民センター前をメイン会場として実施します。

 地域の子どもや各種団体の手作りによるオリジナリティ溢れる100匹100様の鯉のぼりを設置し、地域住民の交流と真野という地域のブランディングを図るためのものです。毎年、全国から多くの方が比叡山を借景として真野川堤防沿いに気持ちよさそうに泳ぐ「100匹鯉のぼり」を写真におさめに来場されます。
 ブログをご覧頂いている皆様も是非、真野の鯉のぼりを見に来て頂けましたら幸いです。





 このイベントは真野地域が自主的に行っているもので、多くの地域住民の皆様のご協力、多くの地域事業者様のご協賛の上に成り立っています。実行委員の一員として改めて感謝もうしあげます。
 おかげさまで近年、当イベントの評価が高まっており、様々な表彰も頂いています。
 本年は周年事業ではありませんが、特別企画として、真野川の鯉のぼりをぐるっと見て回る約2kmのスタンプラリーを行います。ぜひウォーキングを楽しみながら参加していただければと思います。当日は今のところ快晴予報です。

 鯉のぼり祭りのホームページはこちらとなります。


 ✴︎ ✴︎ ✴︎

 堅田駅西口地域の道路網再編に伴い、新たに交差点に一旦停止線がひかれました。
 これまでとは優先方向が変わる交差点で、もっとも事故の危険性が高いと考えられる場所です。





 この箇所は特に行政に対して強く安全対策を要望してきました。
 大きな「止まれ」の文字は結構目立ちます。
 特に大きな混乱もなく、何より事故が起きないことを念願しております。


藤井テツ


結婚10周年。



 4月12日で結婚10周年を迎えました。
 結婚した時分は会社経営バリバリの時期で大変忙しくしておりました。まさか政治の道を進むということを家内は夢想だにしてなかったと思います。人生には後から振り返った時に岐路が何度かあるように思います。その時々の進む道が正しいかは、その進む道を信じて進むしかありません。
 5年前に息子が生まれ、家内と2人だけの家族から、子供も交えた毎日発見の日々へと変わりました。子育てはてっきり家内に任せきりで、ほとんど家事や子育てには参画することができていませんが、家内も仕事を続けながら、家事・子育てもして、本当に苦労をかけているなと思います。そして議員の嫁ということで、政治活動のアシスタントもしてくれていることに感謝しかありません。
 政治活動にしろ、ビジネスにしろ、家内安全が根本なのかもしれません。
 古人云く「修身斉家治国平天下」と。

 これからも家族のことをしっかり考え、そして社会全体のために活動をしていきたいと考えています。感謝の気持ちを家内と息子に伝えるために、10本の綺麗な薔薇を添えてプレゼントしました。




 4月21日の【ふれあい鯉のぼり祭り「真野」】のオープニングイベントに向けて、真野川堤防に横断幕を実行委員、地域の皆様とともに設置しました。昨年までの横断幕が古くなりましたので、風にも強いメッシュ製の横断幕へと更新です。


 

 会派同僚の山本議員のお子様が、比叡山坂本で行われた「山王祭」の「花渡り」に出られると言うことで、付き添いとしてお祭りに参加させて戴きました。山王祭はこれまで見るばかりでしたが、実際に参加してみて、お祭りの重要性や運営のご苦労を知ることもできました。
 このお祭りを歴々1200年以上も継続してこられているのは偉大としか言えません。
 聞くとお神輿の担ぎ手不足が人口減少に伴って課題になってきているそうです。お祭りを今後も末永く続けていくためには、地域活性・人口維持が大切になってくるかもしれません。坂本の方が本当に山王祭を愛しておられることもわかって、意義ある1日でした。



藤井テツ



新しいスタート



 今年は冬が寒かったからか、梅や桜が少し早めに咲いたように思います。
 今週は学校園での入園式&入学式が行われ、私も議長代理として祝辞を述べさせて頂きました。
 誠におめでとうございます㊗︎

 今年から私の地元学区の市立幼稚園も3歳児からの受け入れが始まり、幼稚園は一気に大世帯になりました。この子供達は人生100年時代の中で、22世紀も体験することになると思います。より良い社会となるように、政治行政に関わるものの一人として責任感を持ち、仕事に取り組んでいきたいと思います。



 さて私自身もこの1週間は、いろいろと将来について考える期間でした。
 多くの方々から強い後押しを頂きながらも地域のことを考慮し、最終的には一つの判断をしました。出した結論に納得いただける方ばかりではないかもしれませんが、私が思い描くより良い社会の実現に向けて、鋭意邁進していきたいと思っています。
 大事なことを判断する時にいつも大切にしているのは、「敢えて難しい選択肢を選ぶ」ということです。未来から見ると結果的に、そちらが早道だったと言える日が来るように頑張りたいと考えています。


  庭上の 一寒梅
  笑って風雪を 侵して開く
  あらそわず 又力めず
  自ずから百花の 魁を占む





 また、あらかじめアナウンスしておりました会派の市政報告会を先週末に開催いたしました。行楽シーズンにもかかわらず多くの市民の皆様にお越しいただきました。ありがとうございました。
 市民センター機能あり方検討や、ガス事業官民連携出資会社移行などで、ご参加者からも質問やご意見を頂戴し、広聴の場としても良かったと思います。
 議員はいろいろな会合に出て挨拶だけしてる印象を持たれることもあり、成果につながる政策提言や市政の問題指摘を地道に行なっていることをお伝えすることも大切だと考えています。
 これで今年度、務めさせて頂きました会派幹事長としての大きなイベントは全て終了だと思います。ありがとうございました(^-^)/

 
 さていよいよ、4月21日の【ふれあい鯉のぼり祭り「真野」2018】のオープニングイベントが近づいてきました。無事に終えられるよう、また地域活性化につながるように、実行委員の皆様と共に頑張っていきたいと思います。
 五月連休前後に「真野」にお越しの際は、ぜひ、オールハンドメイドの鯉のぼりを写真におさめて、「真野」の名前と共に全国に発信いただければ嬉しいです。

第21回 ふれあい鯉のぼり祭り「真野」

藤井テツ




▲ページのトップへ